技拓工房では、断熱性能や省エネ設備を強化するとともに、独自の設計・施工能力を活かした「数値化できない心地よさの演出」を組み合わせることで、下記のとおりZEHの普及拡大に取り組んで参ります。

 

【1】ZEHの周知・普及に向けた具体策

ホームページへの掲載、及び現場見学会等で幅広いお客様に向けてZEH基準の家づくりの必要性を提起することにより、周知・普及を推進します。

【2】ZEHのコストダウンにむけた具体策

ZEHモデルの規格化、標準仕様化を通して、関係取引先との協議を行い、高性能断熱材、高断熱樹脂サッシ・ガラス、高効率給湯、高効率電化設備、高効率太陽発電等の原価を見直しによるコストダウンを図ります。

【3】その他の取り組みなど

断熱材、設備の強化のみならず、方位、屋根の形状、開口部の配置の検討を行うことにより、夏の日射遮蔽や冬の日射取得を考慮したパッシブデザインを効果的に取り入れます。

技拓工房ZEHビルダーマーク

今後のZEH建築目標≪ZEH 受託率≫

平成28年度実績 0%
平成29年度目標 15%
平成30年度目標 35%
平成31年度目標 45%
平成32年度目標 55%

平成28年度実績は初年度登録が年度末であったことから、計画通り0%となっております。

≪ZEHとは≫

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)※経済産業省の定義
外皮の高断熱化及び高効率な省エネルギー設備を備え、再生可能エネルギーにより年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロまたはマイナスの住宅。

簡単に説明すると、以下の3つのポイントを組み合わせ、住宅で消費するエネルギー収支をゼロ、またはプラスにする住まいを実現するというものです。

1.断熱・・・高い断熱性能を保持する断熱材や窓を使用して建築することでエネルギー消費を抑える。
2.省エネ・・・LED照明や高効率エアコン、熱交換型の換気システムや高効率給湯器を利用し消費を抑える。
3.創エネ・・・太陽光発電や燃料電池などでエネルギーを創る。