• ※ 写真をクリックすると拡大表示されます。

狭山市 O邸

屋根勾配を生かした吹き抜けが開放的なLDKに、平屋部分はワンルームになっていて、常に家族の気配が感じならが暮らせる子育てにも適した間取りです。無垢の楢の床材は無塗装で白い空間にマッチし、キッチンはステンレス天板やキャビネットを特注し、デザイン性重視。細長いルーフバルコニーはバーベキューにも最適。外観は平屋の両側に2階を設けて、庭を眺めるよう建物を斜めに振っています。

工法 木造軸組工法 延床面積 117.69m2
竣工年 2014年5月 設計 龕建築デザイン